秋葉原ワシントンホテルの朝食ブッフェを、「おいしく」いただいてきました。

0729_IMG_1562

秋葉原ワシントンホテル併設のレストラン ボンサルーテ・カフェ(3F )は、朝食ブッフェが充実しています。

今回は、秋葉原ワシントンホテルさんにお邪魔して、朝食ブッフェを美味しくいただいてきましたので、その様子をレポートしたいと思います。


 

秋葉原ワシントンホテルとは?

0729_IMG_1755

 

秋葉原ワシントンホテルは、JR秋葉原駅より徒歩1分の好立地にあるホテルです。

日本人がビジネスで利用するのはもちろん、近年では、日本最大の電気街やアニメ、ホビーショップが多数並ぶ秋葉原を、観光や買い物目的で訪れ、宿泊される海外の方も増えています。

秋葉原ワシントンホテルは、そんな方々を温かくおもてなしする、お客様目線のホスピタリティ溢れるホテルなんです。

 

秋葉原ワシントンホテルの朝食ブッフェ

0729_IMG_1717

 

秋葉原ワシントンホテルには、併設のレストラン ボンサルーテ・カフェ(3F )があります。
ボンサルーテ・カフェの朝食ブッフェも、この秋葉原ワシントンホテルの魅力の一つ。
店内の壁や椅子、装飾品は、暖かい色合いで整えられていて、はじめてのお客様も入りやすい雰囲気となっています。
秋葉原の街を見下ろせる、大きな窓も特徴的で、行きかう人々の流れを見ながら、ゆったりとブッフェを楽しむ時間は、贅沢そのものです。

 

秋葉原ワシントンホテル調理長始関さんと「ハッサンカレー」担当のハッサンさんにお話を伺いました。

 

ボンサルーテ・カフェの朝食ブッフェについて、秋葉原ワシントンホテル調理長の始関さんとカレー担当ハッサンさんにお話を伺いました。

まずは、秋葉原ワシントンホテル調理長の始関さんにお話を伺います。

0729_IMG_1592
秋葉原ワシントンホテル 調理長 始関 保徳(しせきやすのり)さん

 

ボンサルーテ・カフェの朝食ブッフェの特徴を教えていただけませんか?

 

和食・洋食それぞれ22~25種類のメニューがあり、お好みでたくさんの料理を楽しめるところが特徴です。
また、野菜が不足しているお客様のために、メニューに野菜を多く使うよう気を使っています。

 

こだわっていることは、ありますか?

 

レトルト等は使わず、手作りの料理を提供するようにしています。

 

ボンサルーテ・カフェ朝食ブッフェで特におすすめメニューは、なんでしょう?

 

ハッサンカレー、自家製のフレンチトースト、それに7月から始めたワゴンサービスです。

 

・「ハッサンカレー」は、都内の専門店で20年間腕を振るってきた、バングラディシュ出身のシェフ、ハッサンが作るカレーで、12パターンを月替わりで楽しむことができます。
ハッサンカレーを食べたら,他のカレー屋さんのカレーは食べたくなくなるという声もあるほどの人気カレーです。

 

・フレンチトーストは、じっくりつけ込み、ゆっくり焼いて、毎朝お客様にご提供しています。
卵のフワフワ感を楽しんで下さい。

 

・ワゴンサービスは、世田谷石はら監修蕎麦と、島原手延べそうめんです。
連泊のお客様も楽しめるように、ほぼ日替りでご提供しています。

また、シェフオリジナル・スペシャルジュースもおすすめです。
黒酢をベースとして、日替わりでビネガーやローズヒップ、レモン、ジンジャ―と多様な組み合わせでご提供しています。
毎日100本ほど飲まれている人気メニューです。

 

 

次に、カレー担当のハッサンさんにお話を伺います。

0729_IMG_1686
秋葉原ワシントンホテル 「ハッサンカレー」担当ハッサン・モハマッド・ナズムールさん

 

「ハッサンカレー」の特徴を教えていただけませんか?

 

日本の方は、朝からカレーを食べる習慣があまりないと思うんですが、朝食べても体に優しい日本人向けのカレーが「ハッサンカレー」です。
カレールーで作っていないため、バターや小麦粉などが入る一般のカレーと違い、「胃にもたれない」、「いつ食べてもおいしい」のが特徴ですね。

 

「ハッサンカレー」で工夫されていること、こだわっていることはありますでしょうか?

 

タマネギをベースに、フルーツや自家製スパイスを入れて6時間ほど煮込むことで、甘みやちょうどよい辛味が出るように工夫しています。
自家製スパイスは健康のことを考え、体を芯から温めて血流を良くし、元気が出るものを選んで入れています。

こだわっていることは、お客様の流れを見ながら、最高に美味しい状態で食べて頂けるよう、作り置きせずに出来立てを提供していることですね。

 

 

最後にお二方にご質問です。この朝食ブッフェについてお客様にお伝えしたいことはありますか?

 

0729_IMG_1670

 

(始関調理長)

「私たちは、お客様が「おいしい!」とニコニコした顔を見るのが何よりの喜びです。
おいしいものをお客様にご提供しようというのが、秋葉原ワシントンホテル・朝食ブッフェのコンセプト。

食べたら、「おいしい!」と言っていただける自信がありますので、是非、朝食ブッフェを食べに来てください!」

(ハッサンさん)

「食べたら絶対笑ってもらえると思います。
『ハッサンカレー』も含め、まずは朝食ブッフェを食べに来てください。
食べたらおいしくて、きっと幸せな気分になれますよ」

 

おすすめメニューをいくつか紹介

■ハッサンカレー

 

0729_IMG_1562
ハッサンカレー

 

取材時、7月のカレーは、海老カレーでした。

カレーとご飯をスプーンにのせ、口に入れると、まずは優しい甘い味わいが広がります。
この甘みは、カレーと玉ねぎ、3種類の海老をじっくり6時間煮込んで出た、甘み。
そのあとに辛味が広がりますが、決して辛すぎず、むしろ食欲増進効果があります。

3種類の海老の食感も絶妙で、何杯もおかわりしたくなります。
(昨年は2種類だった海老が3種類とバージョンアップしたそうです。)
カレールーを使用していないため、胃にもたれないのもポイント。

海老カレ-は、残念ながら、今年は7月のみのメニュー。
また来年、バージョンアップして、朝食ブッフェで登場します。
8月はスープカレー、9月はキーマカレーとのこと。
期待が膨らみますね。

 

■フレンチトースト

 

0729_IMG_1572
フレンチトースト

 

まずは、何もつけずにフレンチトーストの自然な味わいを楽しんでみました。
フワフワの卵のまろやかな風味が、口の中でとろけます。
それだけでも楽しめますが、メープルシロップをかけると、濃厚な味わいの別のフレンチトーストに生まれ変わります。

お好みでお試しください。

 

■2種類のベーコン(やわらかいタイプ・カリカリタイプ)

 

0729_IMG_1571
(右)やわらかいタイプ(左)カリカリタイプ グリーンサラダとスクランブルエッグと盛り付けました

 

同じ種類のベーコンを、日本人向けにやわらかいタイプと海外の方向けにカリカリタイプに分けて、調理しています。
2種類食べてみました。
やわらかいタイプは、口当たりよくしっとり、カリカリタイプは食べ応えがあります。

他のホテルでは、朝食で出るベーコンは、1種類しか見かけませんが、2種類。
その人の好みに合わせて、ご提供しているところに、お客様への気遣いがされています。

 

■島原手延べそうめんとシェフオリジナル・スペシャルジュース(ワゴンサービス)

 

0729_IMG_1586

 

島原手延べそうめんです。
薬味と共にさっぱりとした味わいを楽しんで下さい。
朝食にそうめんという発想は、他のところでは、なかなかない新鮮な発想ではないでしょうか?
料理のシメとして食べてみてもいいかもしれません。

ちなみに日替りの蕎麦は、監修された石はらの方に来ていただき、レストランの方全員で、蕎麦のゆで方としめ方講習を受けたとのこと。

最後にシェフオリジナルスペシャルジュースも頂きました。
お酢とビネガーの味がのど越しにスーッと流れ、さわやかな清涼感が残ります。

 

その他のメニュー

 

0729_IMG_1551
ティラミスやプリン、パンプキンケーキ、りんごのタルトなどのデザートも充実。

 

0729_IMG_1547
8種類のジュースも充実。グアバジュースは、おすすめです。その他、オレンジ、アップル、グレープ、低脂肪乳、牛乳、トマトジュースもあります。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
『これが本当に朝食ブッフェで食べられるの?」というメニュ-が目白押しでした。

お話によると、秋葉原ワシントンホテルには、朝食ブッフェだけを食べに来られる外来のお客様が、年々増えているとのことです。
「手作り料理へのこだわり」、「豊富な野菜メニュー」、「日本人に優しいカレー」など、お客様目線に立った料理の姿勢が、認められ始めている証拠ではないでしょうか?

せわしなく過ごすのは、もったいない。

「おいしい朝食を、ゆったり、のんびりと。」
夏休みを取って秋葉原ワシントンホテル・ボンサルーテの朝食ブッフェを食べに来ませんか?

 

 

【秋葉原ワシントンホテル ボンサルーテ・カフェ(3F) 朝食ブッフェ】

■営業時間 6:30~10:00(平日) 6:30~11:00(土日祝)
■料金:
ご朝食料金(ご宿泊者様)
大人(中学生以上) 1,800円(税別)
小人(小学生)       1,200円(税別)
小人(3歳~6歳)    1,000円(税別)

ご朝食料金(外来のお客様)
大人(中学生以上) 2,000円(税別)
小人(小学生)     1,300円(税別)
小人(3歳~6歳)   1,100円(税別)

■公式サイト:https://washington-hotels.jp/akihabara/